ジャッジアイズ サムネイル

2018年12月13日にセガゲームスから発売されたPS4専用ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』はこれまで数々のドラマや映画に出演してきた木村拓哉さんが主演を務めるゲームで龍が如くスタジオの完全新作。それではPS4専用ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』の評価・レビューをしたいと思います。

※体験版は未プレイ 難易度はEASYでプレイした評価・レビュー。

ジャッジアイズ

 

GOOD!!

ストーリーが面白い

元弁護士で探偵の主人公「八神」が様々な証拠を集めて話が進んでいき、色々と真相が明らかになっていくストーリーに引き込まれました。続きが気になってプレイしていくと次々と真相が明らかになっていくのがでまるでドラマを見ているかのようで面白いと感じました。

ただ、主人公が過去に無罪を勝ち取ったとある事件がストーリーにかなり絡んでくる中、その事件で被告人だった男が後に殺人を犯したことで過去の無罪も怪しいみたいな流れを繰り返したり、主人公が無罪にしたことをやたらと引き合いに出されるのでだんだんと「また、それ?」みたな感じになってきて中盤以降面白さが薄れてしまったのは少し残念でした。

全体の感想としてストーリーは面白かったと思います。

戦闘時のアクションが爽快

スキルを取得するとコンボが決まりやすくなり、敵に殴られながらでもスピーディかつダメージを与えられることができるのでかなり爽快だった点がすごく良かったです。

 

BAD!!

戦闘や舞台は龍が如く

完全新作といっても戦闘や舞台は龍が如くシリーズとほとんど変わらないです。

お馴染みの神室町を舞台に、東城会の末端組織とヤクザが出てきます。街ではチンピラにからまれ、ヒートアクション(本作ではEXアクション)やQTEもあります。

龍が如くシリーズをプレイしたことがない人は新鮮ですが、今までに龍が如くシリーズで遊んだことがある人はいつもの感じとなるでしょう。

完全新作なら戦闘や舞台に大幅な変化が必要だったと思います。

龍が如くの使い回しという印象を受けましたし、『ジャッジアイズ』という1つの新規タイトルとしてではなく、龍が如くシリーズと比べた評価にならざるを得ないでしょう。

とはいえ、本作は主人公が探偵なので龍が如くシリーズにはなかった探偵アクションが追加されていたり、戦闘アクションも桐生一馬とは異なっていて爽快になっている部分もあります。

 

探偵アクションで詰む?

本作は探偵として証拠集めや尾行などの様々な探偵アクションがあります。その中には「サムターン回し」という鍵の開錠があるのですが、ただ単純に指示通りにスティックを動かせば良いわけではなく、スティックの感度が重要になってきます。スティック感度が悪いと失敗してしまい最初からになってしまいます。

自分のコントローラーの調子が悪いせいか、指示どおりに動かしているのに全然成功できなくて、サムターン回しのチュートリアルで1度は詰みましたが、別のコントローラーを使って何とかクリア出来ました。別のコントローラーがない場合、人によってはこのチュートリアルで詰むかもしれません。

そして、メインストーリーでは進行上、サムターン回しではなくピッキングという鍵の開錠しか出てこなかったので良かったですが、とあるメインストーリー中にサムターン回しでしか開けられない扉が1時間やっても開けられなかったので、サムターン回しについては、スティックを指示通りに動せば開けられる仕様で良かったと思います。あの扉の奥に重要なアイテムがあったと思うので、開けられなかったのは悔しいです。

 

一部の探偵アクションがつまらない

本作の主人公は探偵なので「尾行」という探偵アクションがあります。尾行といってもターゲットがこっちを見ていない時に進んで止まったり、障害物に隠れるを繰り返す「だるまさんが転んだ」をするだけ。その時間も結構長いのでつまらないです。

尾行の際、周りに通行人がたくさんいるのにこちら側をめちゃくちゃ見てくるうえ、動きも不自然でした。

そして、目の前で完全にバレている状況でもゲーム画面に表示されているゲージがMAXになるまではゲームオーバーにはならないので尾行と言えるのかどうか怪しかった点が残念でした。

 

メインストーリーで詰む可能性アリ

バグ?

メインストーリーの途中でアイテムが完成したという電話がかかってくるまで適当に時間をつぶすというものがあるのですが、マップを端から端まで移動、片っ端から町のチンピラを倒す、店で食事をする、サブイベントを複数クリアした後にようやく電話がかかってきました。リアルの時間で約2時間かかりました。

正直バグ?でメインストーリー詰んだと思いました。電話がかかってくる条件が全くわかりませんでしたし、適当に時間がつぶすためだけに、2時間も時間がかかり、もちろんその間メインストーリーも進みません。人によってはもっと時間がかかるかもしれません。

メインストーリーを遊びたいと思っている方としては「適当に時間をつぶす」だけだし、すぐに進むと思っているのにメインストーリーが全く進まなかったので、このゲーム辞めようかと思いました。

ヒントがなさすぎる

本作ではメインストーリーの最中、目的地に旗が表示されるので基本的にそこに向かっていけば大丈夫な親切仕様なのですが、ゲーム終盤くらいで表示された目的地に行っても特定のアイテムがないと進行できなくて詰んだ?と感じました。

ヒントがなさすぎますし、結果として特定のアイテムについては戦闘時に武器として使えるアイテムの中でもその場所で使う必要性があるものを持っている状態で目的地に行く必要がありました。このような要素はゲーム終盤までなかったですし、本作では敵が持っていたアイテムは戦闘終了後には手放すことも多いです。

ゲーム終盤に難易度がEASYなのに詰んだと思わせるのはゲーム的に良くないですし、突然、攻略サイトを見ないと分からないような要素を入れる必要はなかったでしょう。もし入れるのであれば、ゲーム序盤からそのような特定のアイテムを所持した状態で近づくという行動をさせる流れを作っておく必要があったと思います。

 

サブイベントが強制される

メインストーリーをやっている時にサイドケースと呼ばれるサブイベントのようなものが強制で始まり、それをクリアしないとメインストーリーが進みません。このようなことが何回も起こります

続きが気になるからメインストーリーを進めたいのに、ストーリーと関係がないものを何故強制でやらされないといけないのか分かりませんでした普通にサブイベントで良かったと思います。

 

まとめ

◆良かった点
・ストーリーが面白い
・戦闘アクションが爽快

◆悪かった点
・完全新作といっても戦闘や舞台が龍が如くの使い回し
・探偵アクションのサムターン回しで詰む可能性がある
・探偵アクションの尾行がつまらない
・メインストーリーが進行しないor進行に時間がかかるバグがある
・メインストーリー終盤に攻略サイトを見ないと分からない要素がある
・メインストーリー途中でのサブイベントの強制


本作は木村拓哉+龍が如く=『キムタクが如く』と言って良いでしょう。

マンネリ化で飽きてしまっている龍が如くシリーズのファンや木村拓哉さんが嫌いな方は買わない方が良いと思います。
逆に龍が如くシリーズを遊んだことがない人やキムタクが好きな方にはおすすめできます。買おうか迷っている人は安くなってからで良いと思います。

個人的には龍が如くシリーズをプレイしたことがありますし、ストーリーはクリアしたものの詰み要素のせいで途中で辞めたくなったので点数が低いです。詰み要素がなければ点数はもっと高く付けていたと思います。
※追記
詰み要素などもありましたが、面白かったので点数を6点に修正しました。

評価 6点/10

 

おすすめコンテンツ