ワンピース ワールドシーカー(OPWS) 評価・レビュー。キャラゲ―としてもオープンワールドとしても最低クラス!

2019年3月14日にバンダイナムコエンターテインメントから発売されたPS4『ONE PIECE WORLD SEEKER』(ワンピース ワールドシーカー)の評価・レビュー記事です。

本作は人気漫画である「ワンピース」を題材にしたゲームで初となるオープンワールドのアクションアドベンチャー。

個人的にワンピースは大好きですが、本作は悪かった点が圧倒的に多かったのが残念でした。

 

 

良かった点

ゴムゴムのロケットでの移動

ゴムゴムのロケットでオープンワールドのフィールドを移動するのはめちゃくちゃ楽しかったです。

最初はゴムゴムのロケットで移動できる距離は短いですが、スキルを解放すると移動距離が伸びてより、楽しく爽快になります。

 

ファストトラベルで移動できる

一度エリアや町を訪れるとマップが解放されてファストトラベルで移動ができるようになります。

ゴムゴムのロケットでの移動は楽しくて爽快ですが、海を飛び越えていくことが基本的に無理なので、遠い距離を移動する場合にはものすごく便利。

ファストトラベルで移動を多用することにより、ミッションも効率良く進めることができるので、このシステムがあって良かったです。

 

悪かった点

オープンワールドだが建物には入れない

オープンワールドになっていて、通常移動する分にはロードもないわけですが、建物には基本的に入れません。オープンワールドでこれはないでしょ!

 

人が少ない

街にいる島民の数が少なく、エリアによってはゴーストタウン化しているのが、残念でした。

 

操作キャラクターがルフィのみ

操作キャラがルフィしかいないことは公式HPのプレイアブルキャラの所を見ていたので分かってはいましたが、やっぱりワンピースのキャラゲーとして考えると操作できるキャラクターがルフィのみというのはあまりにも少なすぎます。

キャラゲーは操作できるキャラの数が少ないと成り立たないので、操作キャラが少ない=低評価につながると思います。

やっぱりバンナムのキャラゲーは作品によっては操作キャラの数が少なくなるみたいですね。海賊無双の1作目も麦わらの一味+エース・ハンコック・ジンベエ・白ひげしかいなかったので、ワールドシーカーは操作キャラを増やすべきでした。

 

ボスキャラクターの種類が少ない

操作キャラはもちろん、登場するボスキャラクターの数も少ないです。

ボスキャラクターは、サカズキ元帥・黄猿・藤虎・スモーカー・たしぎ・ロブルッチ・ジェルマ66(イチジ・ニジ・ヨンジ)・クロコダイル・クザン・アイザック10体しかいません。ジェルマ66は戦闘中に3人が交代で戦うので1体としてカウントしています。

操作できるキャラがルフィだけなら、せめてボスキャラクターはたくさんいて欲しかったですね。個人的には、ジェルマ66を出すなら、ジャッジやビッグマム、カタクリといったキャラクターなども入れるべきだったと思いました。

 

ボイスがフルボイスじゃない

操作キャラやボスが少ないなら、ボイスはフルボイスになっているのかと思いますよね。残念ながら、キャラクターたちは会話に反応するように一言叫ぶだけです。

もはやキャラゲーとして最低クラスとしか言いようがないです。

 

戦闘が単調

攻撃のバリエーションが少ないので、敵やボスとの戦闘もずっと同じ戦闘が続きます。

とにかく戦闘が楽しくない上に爽快感もないので、飽きる人は速攻で飽きると思います。

 

必殺技の種類が少ない

本作ではテンションゲージを貯めると必殺技を使えるシステムになっているのですが、必殺技の種類が5種類しかありません。

ゴムゴムの火拳銃、ゴムゴムの鷲暴風雨、ゴムゴムの象銃乱打、覇王色の覇気、ギア4だけです。

必殺技の種類が少ないので、どうしても戦闘が単調になりがち。

また、スキルを取得してもテンションゲージが溜まるのが遅いので、基本的は必殺技を使わないことの方が多かったです。

 

ギア4を使う機会がほとんどない+弱い

テンションゲージを貯めるのに時間がかかるせいで、目玉のギア4を使う機会がほとんどないです。

そして、使っても弱いです。

ギア4を使うくらいなら、その他の必殺技などを使った方が強いので、シンプルにギア4は強くして欲しかったですね。

なんでギア4を弱くしたのかな・・・

 

麦わらの一味との共闘がなく、扱いがNPC

イベントシーンで麦わらの一味が出てきても、一緒に共闘することはないです。

ルフィだけで戦うことになるので、仲間たちとの冒険を楽しむことはできません。

また、せっかく散り散りになった仲間を全員救出したのに、ルフィ以外の麦わらの一味の役割は素材を渡すと装備を作成してもらえるといった様なNPCのような扱いになっているので、麦わらの一味を登場させる意味ががあったのか疑問に感じました。

 

ファストトラベルで移動できなくなる

メインミッションの後半ではオープンワールドを端から端まで移動する必要があるのにファストトラベルで移動できなくなるのは意味が分からなかったですね。

ゴムゴムのロケットでの移動は確かに楽しいのですが、遠距離をずっと移動するとだんだん飽きてきます。そこをファストトラベルでの移動が上手く補完しているのに、それをできなくするのはどうかと思います。

また、遠距離の移動手段がゴムゴムのロケットとファストトラベルで移動しかないため、メインミッションの後半ではゴムゴムのロケットでひたすら移動するしかなくなります。オープンワールドでファストトラベルでの移動を制限するなら、他にも移動手段を用意すべきだったと思います。

 

宝箱を開けるのに時間がかかる

宝箱を開ける時間くらい調整して欲しかったですね。

無駄に長いです。

スキルで宝箱を開ける時間を短くできるのですが、そんなのスキルでやる必要ないだろ!とツッコミを入れたくなります。

 

まとめ

以上がワンピース ワールドシーカーの評価・レビューです。悪かった点は他にもありますが、特に悪かった点を挙げました。それでも多くなってしまいました。

一言でこのゲームを言い表すとキャラゲーとしてもオープンワールドとしても最低クラス。

ワンピースはもちろん大好きですが、1つのオープンワールドのゲームとして見ると本当にひどいです。

操作できるキャラや登場するキャラクターも少ないので、オープンワールドが好きな方やワンピースが好きな方にもおすすめできません。

点数:3.0/10点